簡単な工事から・・・

リフォーム工事

長年住んだ家も・近年にお住まいになられた家でも住んでみると不便なことや・経年変化により痛んでくることは防ぎ用が有りません。

不動住建はどんな小さな工事でも現場を確認させて頂きより迅速・丁寧・適切な価格をご提供しております。

まず家の事でお悩みが出来ましたらお気軽に見積もりをご依頼下さい。

我社の専門家が伺って現場確認のうえ正確な工事と金額を提示させて頂きます。

 

リフォームの施行例はこちらから 

 

いつリフォームするのか?

家のライフサイクル表を使ってリフォーム時期を見極める方法をご紹介します。リフォームをする理由は4つあり、それぞれの時期はバラバラにやってきます。タイミングを間違えると損をしてしまうことも!ムダの無い工事時期を見極めていきましょう。

リフォームを考える4つのキッカケ!上手に組み合わせて時期をあわせる

リフォームを考える4つのキッカケはバラバラの時期にやってくる。

リフォームを考える4つのキッカケはバラバラの時期にやってくる。

リフォームを考えるキッカケには4つあります。この4つのキッカケは、それぞれが独立した理由でリフォームを必要としていて、やってくる時期もバラバラです。

【1】修繕のリフォーム
【2】家のライフサイクルにあわせたメンテナンスのリフォーム
【3】人のライフサイクルの変化にあわせたリフォーム
【4】グレードアップ欲求を叶えるリフォーム


 

 

家のライフサイクルを逃すとリフォーム費用は増大する

メンテナンスのリフォームは時期を逃すと費用が増大する。早すぎてもムダになる。

メンテナンスのリフォームは時期を逃すと費用が増大する。早すぎてもムダになる。

【1】修繕のリフォームとは、雨漏りやひび割れなど壊れたり悪くなったところを直すリフォーム、【2】家のライフサイクルにあわせたメンテナンスのリフォームとは、部位の寿命ごとの定期リフォームのことです。

家は様々な材料でできていて、それぞれの部位ごとに寿命があります。

例えば、防蟻工事は5年おき、外壁の塗装は10年おき、水まわりの設備交換は15年〜20年程度にやりかえることで、家は健康を保ち続けることができます。これが家のライフサイクルにあわせたメンテナンスのリフォームです。

【1】修繕のリフォームは、【2】家のライフサイクルにあわせたメンテナンスのリフォームを適宜行っていくことで、事前に防いでいくことができます。【2】のメンテナンスのリフォームで大切なことは時期を逃さないことです。タイミングを逃すと、腐食が進行するなどして後々費用が増大していってしまいます。


 

 

人のライフサイクルにあわせて家の形を変化させるリフォームが必要

住んでいる人の年齢が上がれば家の形も変わっていく。それが住む人のライフサイクルの変化に伴うリフォーム。

住んでいる人の年齢が上がれば家の形も変わっていく。それが住む人のライフサイクルの変化に伴うリフォーム。

【3】人のライフサイクルの変化にあわせたリフォームとは、年をとったらバリアフリーにするというように、世代とともに家の形を変えるリフォームのことです。

【4】グレードアップ欲求を叶えるリフォームとは、寒い冬も暖かい家にしたい、もっと便利にしたいと言うような、今より良くしたいという欲求をかなえるリフォームのことです。

家族の形は時間と共に変化します。新婚家庭なら2人だけの家庭、子どもができれば家族が増え、その子供が独立すればまた家族の人数は減ります。年をとれば体力も変わりますし、食べ物の好みや家の中での過ごし方も変わることでしょう。

このように人生における生活の変化の繰り返しを人のライフサイクルと言い、家の形もこのサイクルにあわせて変化させる必要が出てきます。これが、人のライフサイクルの変化にあわせたリフォームです。


 

 

4つの工事を上手に組み合わせて、時期をあわせてリフォームする!

ムダ無く効率的にリフォームするには、4つの工事のタイミングをあわせることが大事。

ムダ無く効率的にリフォームするには、4つの工事のタイミングをあわせることが大事。

これらのリフォームをその都度行っていたら、二度手間が増えたり、効率が悪いのでムダな費用が掛かったり、家の中がツギハギになったりしてしまいます。

ムダ無く効率的にリフォームするには、この【1】〜【4】までの工事を上手に組み合わせて、時期をあわせてリフォームすることが大切です。

このタイミングを間違え、補修したばかりのところをまた壊すようなことになってしまった、先々を考えて作ったはずなのにムダになってしまったというような事は、本当によくある事なのです。

▲このページのトップに戻る